トップへ 当院の選ばれる理由 » 歯医者がこわいお子さまも安心

お子さまが通いやすい歯医者です

院長紹介

歯科医師としてとても残念に思っていることが1つあります。それは、歯医者を恐がるお子さまがいることです。なぜ歯医者へ行った経験のないお子さままでが、歯医者を恐がるのでしょうか。

それは「むし歯」「口の中のばい菌」など、マイナスのイメージにつながる言葉によるものかもしれません。それと同時に、ご両親や祖父母が持っている古い時代のイメージが「痛くて恐いところ」として染みついているからでしょうか。

いずれにしても、何らかの理由で悪しきイメージがお子さまに伝わっていることは確かです。

ただ安心していただきたいのは、どれほど歯医者嫌いで歯医者での治療をいやがるお子さまでも、治療ができるようになることです。仮にはじめからスムーズな治療ができないとしても、練習を繰り返せば自分からすすんで治療を受けるようになります。

また一方では、歯科医療の技術進化もあって「痛くない治療」も一般化してきており、現実に歯医者は「痛いところ」でも「恐いところ」でもなくなっています。


お子さまが遊びにやって来る歯科医院

小児歯科お子さまが持っている歯医者のマイナスイメージをなくしたい、そんな想いがきっかけだったのですが、当院はお子さまが遊びにやって来る場所となっています。夏休みなどは、子どもたちのたまり場になることもあります。

特別な用があるでもなく、学校帰りにフラッと立ち寄るお子さまが多いのは当院の誇りです。定期検診に来たお子さまが、お友達を連れてきたりして、自然とたまり場になりました。

もともと、子どもたちが楽しめる場所でありたい、そして悪しきイメージを払拭したい、そんな思いが強かったので、遊びに来るお子さまは当院としても大いにウェルカムです。遊びながら歯科医院を横目で見るうちに、いつしか悪しきイメージが払拭されることを願っています。


嫌がるお子さまに治療を強いることはありません

小児歯科当院の小児歯科では、お子さまといえどもひとりの個性として、根気強くコミュニケーションをはかります。なぜ治療を施すのか、何が行われるのか、どれくらいの時間で終わるのか。お子さまの納得と理解が得られるように説明をします。

不思議に思われるかもしれませんが、1歳半のお子さまでも、こちらの言葉を理解するものです。そして、ひとたび理解が得られれば、すすんで治療を受けられるまでになります。当院では、お子さまが嫌がるままで治療を始めることは基本的にありません。(但し、緊急性を要する場合等の例外もあることはご理解ください)


ご両親へご協力のお願い

小児歯科お子さまに「歯医者は痛い、恐い」というイメージを与えないよう、気遣っていただきたく思います。間違っても、治療が終わったら「ご褒美があるよ」なんてこともどうぞなさらないでください。していただきたいことは、治療後に褒めてあげることです。

親は子どもの一番の味方であってほしいのです。それには、お子さまを褒めてあげてください。

痛がっていてもむし歯とは限らない
お子さまが痛がっているからといって、むし歯であるとは限りません。大人の歯が生えてくるときの痛みや、噛み合わせによる痛みなどもあります。状況に応じて処置にも差が出ますので、まずは早めにご相談ください。


むし歯による治療方法の違い

むし歯といっても、初期症状から重症まで状態によって治療方法の境界線があります。お子さまの状況によって、治療方法は変化しますので、一度ご相談ください。

●削る治療はせずに、経過観察をして、変化がないかを追うケース
小児歯科小児歯科

●経過観察をしながら、歯みがきの状況によってシーラントという溝を埋める処置をするケース
小児歯科小児歯科

●プラスチックの治療、根の治療、抜歯など治療が必要なケース
小児歯科小児歯科小児歯科


カテゴリー一覧

歯並びのお悩みは、お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております

トップへ 当院の選ばれる理由 » 歯医者がこわいお子さまも安心


コールバック予約

PAGE TOP