トップへ » できるだけ歯を削らない治療

虫歯「むし歯は治療したい、でもできるだけ歯は削りたくない」という患者さんは少なくありません。当院で行っているのは「MI治療」と呼ばれる「できるだけ歯を削らない・抜かない治療」です。

MI治療の「MI」は、Minimal Intervention(ミニマル・インターベンション:最小限の侵襲)の略です。歯科治療の場合、これは「極力歯を削らない、抜かないで、今ある歯をできる限り残す」 という意味です。治療法というよりも、治療にあたるときの基本的な考え方と言ったほうが良いかもしれません。

むし歯の場合は最小限削り、削った箇所に「レジン」と呼ばれる白い粘土のような材料を埋めます。今までの治療方法よりも、削る部分も少なく、詰め物・被せ物を作る必要がないので、1回の通院で治療が終了します。また、金属製の詰め物を使用しないので、見た目が美しいのも特徴です。

※重症化したむし歯には、適用できない場合があります。ご相談ください。
※MI治療は一部保険適用となります。

<MI治療のメリット>
・上手に行えば天然の歯と見分けがつかない
・1回の通院で終わる
・オールセラミックスや金合金と比べて安い
・健康な歯をほとんど削らないで済む
・神経を保存できる可能性が一番高い
・修理や修正が容易


トップへ » できるだけ歯を削らない治療


コールバック予約

PAGE TOP