トップへ » むし歯による治療方法の違い

むし歯といっても、初期症状から重症まで状態によって治療方法の境界線があります。お子さまの状況によって、治療方法は変化しますので、一度ご相談ください。

●削る治療はせずに、経過観察をして、変化がないかを追うケース
小児歯科小児歯科

●経過観察をしながら、歯みがきの状況によってシーラントという溝を埋める処置をするケース
小児歯科小児歯科

●プラスチックの治療、根の治療、抜歯など治療が必要なケース
小児歯科小児歯科小児歯科


トップへ » むし歯による治療方法の違い


コールバック予約

PAGE TOP