トップへ » 歯周病の進行

歯周病歯垢は、放っておくと、やがて石灰化して歯石になります。この歯石が歯と歯肉にすき間を作るのですが、これが歯周ポケットと呼ばれるもの。歯周ポケットに菌が入ると炎症が歯肉のなかへと進み、歯根や歯槽骨が破壊されてしまうのです。

次のような症状を自覚される方は、歯周病の可能性があります。お早目にご相談ください。

歯と歯の間に食べものがはさまる
歯が長くなったように見える
歯茎を押すと血や膿が出る
硬いものが嚙めない
歯を磨くと出血する
歯がグラグラする
歯茎が腫れている
歯が浮くような感じがする
治療をした歯が4本以上ある
過去1年以内に1本以上のむし歯の治療をしたことがある
温かいものがしみる
冷たいものがしみる
口の中がネバネバする
口臭が気になる
甘いものが好き
毎食後はブラシをしない(面倒くさい)
歯磨きは1回3分以内
親もむし歯が多い
歯ブラシ以外の清掃用具(歯間ブラシ・デンタルフロス・糸ようじetc)を使ったことがない
チェックする

チェックリストを選択して「チェックする」ボタンを押してください。ここに結果が表示されます。


トップへ » 歯周病の進行


コールバック予約

PAGE TOP