トップへ » 予防歯科への強い想い

院長紹介大学時代の実習や先生方へのお手伝いを通じて、なぜだろうと疑問を持ち始めたことがありました。それは、患者さん自身の治療した歯や入れ歯が思ったほど長持ちしないということをたびたび経験したことです。

治療したものが長持ちする方法、それを知りたいと思いました。そこでわかったのは、入れ歯の場合、材質的に悪くなるのではなく、大半が新たな病気が原因だということでした。

そんな経験もあって、開業医として独立したあとは、自分が施した治療が長持ちしてほしいと思う気持ちが、治療経験を積むなかでますます強くなりました。そこで実感したのは、予防歯科という考えを発展させていくことで、入れ歯が長持ちするだけでなく、最終的には歯科治療そのものすら必要ではなくなる日が来るということです。


トップへ » 予防歯科への強い想い


コールバック予約

PAGE TOP