トップへ » 四代目の歯科医が目指したこと

院長紹介

祖父の時代から、父、叔父も歯科医だったことから、私自身もごく自然に歯科医を目指して今日にいたりました。ですから、歯科医は私で四代目となります。そんな祖父や父の歯科医としての仕事を身近に見て育ち、歯科医とは患者さんから喜ばれ、感謝される仕事なんだという印象が強くありました。私の目に映った父の姿は、カッコイイ職業、カッコイイ父として誇らしく思えるものでした。

開業医として独立し12年半が過ぎるなか、とても強く思ったことがあります。それは、歯を失うことで義歯を使わざるをえなくなった患者さんたちのなかには「食」の喜びと楽しさをあきらめている方がとても多いということです。

義歯だと、食べられなくて当たり前、家族と同じ食事でないのは当たり前。そんなあきらめを持った方々でした。でも、そんな患者さんに話を聞いてみると、本当はもっと食を楽しみたい、家族と同じものを食べたい、という本音が出てきました。

良い入れ歯を作れば、大半のものを食べることができます。閉じこもりがちだった人も、友人と外食できるようになるだけで、その人の人生がガラリと変わるかもしれません。

「食」の角度から歯科医療でできることを見直すと、患者さんの人生をより豊かなものにできる、そのお手伝いを歯科医ができるんだとわかってきたのです。実際に「噛めるようになる」ことで、表情がイキイキとして自信を取り戻した患者さんをたくさん見てきました。

義歯という技術だけが貢献できるのではありません。予防歯科が守るものは「歯」以前に人生の豊かさを守るものだと思っています。いまでは、この考えは私とスタッフ、そして当医院の目標となっています。


トップへ » 四代目の歯科医が目指したこと


コールバック予約

PAGE TOP