トップへ » 院内歯科技工所を併設

院内技工所

当院ではこのたび、さまざまな想いを込め、新しく院内に歯科技工所を設けました。きっかけは、歯科技工士の仕事のあり方について思うところがあり、それゆえ「歯科技工士に『自分も患者さんの治療に携わっている』と思ってもらいたい」と考えるようになったのが始まりでした。
通常、歯科技工士は歯科医院とは別の作業場で、模型を見ながら技工物を製作しておりますので、つまりはその場に患者さんはいないわけです。こうした状況から、仕事の意識として「対モノ」の感覚が強くなり、「対ヒト(患者さん)」の意識、治療に携わっている意識が、少なからず希薄になっていると感じたのです。

院内技工所そしてそのことに気が付いてからの多くの歯科技工士との対話の中で、実は患者さんと密接に関わって仕事をしたいと考えている人がほとんどであることを知りました。

また院内歯科技工所があるという環境は、患者さんにとってはもちろん、医院にとっても大きなメリットがあることになります。

患者さんへの想いを込め、歯科技工士の意思を汲みとった時、院内に歯科技工所を併設することに、もはや何の迷いもありませんでした。


トップへ » 院内歯科技工所を併設


コールバック予約

PAGE TOP