トップへ » 歯周病の検査ってどんなことするの?その3

おはようございます
『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している
もりや歯科 院長の森谷です

歯周病の検査ってどんなことするの?と言うことをたびたび質問をうけるのでその第二段 検査項目は 1,歯周精密検査(ブログで公開中) 2,口腔内レントゲン写真撮影(ブログで公開中) 3,口腔内写真 4,診断用模型 に分かれます 今回は3番目の口腔内写真に関して 自分のお口の中を直接見ることはできません 頑張れば一部は見えるかもしれませんが(笑) 観ることができないので、 『大丈夫だろうって過信してしまうこともあります』 『解らないって人ごとのようにもできます』 お口の病気は、患者さんと歯医者と二人三脚でないと良い状態にはなりません 私は今までに5000人以上の患者さんと歯について話し合いをしてきました ごく一部の方を除いては『自分の歯で一生食事をしたい』と言っています 食事を美味しい 楽しく食事をしたい って強く想っています その思いを実現するためにも、今の自分の状況を受け入れることは非常に重要なことだと考えています そのために口腔内写真は非常に優れた資料です 百聞は一見にしかず 私たちがいくら口で説明をしても、写真を観れば一目瞭然です

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/


トップへ » 歯周病の検査ってどんなことするの?その3


コールバック予約

PAGE TOP