2018年06月        123 45678910 11121314151617 18192021222324 252627282930  
2018年06月18日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

40代男性のカウンセリングをしていて気がついたことがあります 『答えは一つではない』ということ

この方は、過去に行った歯科治療が大変で大変で、そして痛かった経験を持っている

上の歯が8本、下の歯が7本だけ残っていた(理想は上下各14本)

 

そのことからも歯医者で良い思い出が無かった事が予想できる

初めてもりや歯科に来て頂いたときから『歯を全部抜いて総入れ歯にしたい』と言っていました

私自身は『残した方が良いと思うから検査をして、今後について一緒に考えよう』って伝えました

 

2回目に検査をして 3回目に今後の相談をしました

よくよく考えれば、この方は非常に素直に私の意見を聞いてくれましたよね

 

この方にとって理解しがたいことであれば、他の歯医者に行くという選択肢もあったかもしれません

もりや歯科に通院するという選択をしてくれました

ありがたい限りです

 

3回目の相談の時に、この方から家族とも話し合ってきたこと、今までのことを聴かせてもらいました

プライベートなことが含まれますので割愛しますが、相当の決意を持って歯を抜きたいということが理解できました

 

結果として、ギリギリ残せそうな歯もありましたがすべての歯を抜いて総入れ歯にする方向にしました

本当に治療計画を決めることは難しいです

なかなか単純には行きません

 

毎日、迷っています それでも、目の前にいる患者さんにとって本当に叶えたいことのサポートをしたいです

この方も今では治療も終わって、上下総入れ歯でなんでも快適に噛んでいます

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2018年06月11日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

最近、患者さんから『電子タバコに変えました』と言う方が増えてきています

 

恐らくですが、電子タバコは今までのタバコ(紙巻きタバコ)に比べたら害は少ない(害がない)よね

と言うことを気にしているのだと思います

 

このことに関してはブログでも何度か書きましたが

本当の意味では解っていません(僕はそう解釈しています)

訳が解らないものに良く手を出すなって気持ちです

 

メーカーが本当に本当のことを公開していない可能性が高まってきているからです

第三者機関で調査したら、ニコチンもタールも検出されたと言う報告もでてきています

 

何が本当なのか解らないことを鵜呑みにできない性格なので

もう少しすれば詳細がはっきりしてくると想います

どうなんでしょうね

 

アイコスに限らず、メーカーが本腰を上げて売り込みに入ってきているように感じています

あまり、便乗しない方が良いような気がします

 

以下、過去のブログのリンク集

 

『アイコス』だから本当に大丈夫なの???メーカーの口車に騙されてるんじゃないの???

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2017/09/post_2009.html

 

IQOSの安全性が危ういかも

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2017/06/post_2126.html

 

日本の受動喫煙対策は世界最低レベル

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/09/post_1795.html

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2018年06月08日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

今年で12年目になります

坂戸あずま幼稚園の園児を対象にした口腔内写真撮影会

 

嫌がってしまう子は3名ほどいましたが

み〜〜んな頑張っていました

 

撮影した写真は園児事に印刷をして観ることが出来るようにしています

子供たちは自分の歯を観て、何を感じるのかな?

IMG_0066

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2018年06月05日

こんにちは、もりや歯科 院長の森谷です。

ただいま、歯科衛生士、歯科技工士、受付などなど2名のスタッフを募集しています

 

この間、学校を卒業した方もOKです

ブランクがある方

午前のみ仕事をしたい方

 

いろいろなパターンで仕事ができるように支援していきたいと考えています

 

一度、もりや歯科を見学しに来て下さい。

求人広告だけでは、伝わりづらいところを体感して下さい。

 

どんな歯科医院なのか?
どんな院長なのか?
どんなスタッフが働いているのか?
解らないですよね。

 

ですから一度、見学して頂きたいと思います。

 

その上で働きたいと思えば、後日改めて面接をさせて頂きます。

見学をして自分に合わないと思えば無理に面接をしなくてもかまいません。

 

人、職場には相性があると思います。

 

どちらが悪いと言うものでも無いと思います。

その辺は遠慮せずに決めて頂きたいと思っています。

 

求人サイトグッピーさんにも詳しく掲載しています

歯科衛生士の方:https://www.guppy.jp/dh/190178

歯科技工士の方:https://www.guppy.jp/dt/190179

歯科助手・受け方:https://www.guppy.jp/da/190181

2018年06月01日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

 

歯科検診シーズンなので、検診結果を子供たちが持ってきて「癒合歯」「癒着歯」なんて書いてある用紙を観てビックリしている親御さん方もいらっしゃいますよね

結論から言えばビックリしすぎないように

 

では、説明させて貰います

癒合歯は、2本以上の歯がくっついた状態で神経(歯髄)までくっついた状態
癒着歯は、2本以上の歯がくっついた状態で神経(歯髄)まではくっついていない状態

20161206あずま幼稚園お話会(年少・年中).key

パット見ただけでは判断する事が難しいときがあります
レントゲン写真を撮影することで確定できます

その後にはえてくる大人の歯(永久歯)への影響は
以前、もりや歯科のFacebookページに掲載しましたが

子供の歯の癒合している歯や生えてこない(もともとない)歯で
心配しているお父さん、お母さんへ 👪

子供の下の前歯に癒合(2本の歯がくっついている状態)が多いのですが、
大人の歯がはえてこないんじゃないか…って心配をしているかもしれませんよね

あくまでも確率論ですが…

子供の歯が癒合している確立:100名中5〜6名
子供の歯がもともと無い確率:100名中1〜2名

癒合している部位、歯がない部位によって、
大人の歯が無い確率は変化するのですが
1000名中1〜10名に大人の歯が無い可能性があります。

と言う感じになっています

 

歯の場合は無いからといって問題にならない事もあります
場合によっては1本の歯がないことで歯並びが良くなる場合もあります

ない歯が多数になると問題は起きやすいので気になるときはレントゲン写真を撮影して早めに把握しておくと気構えが出来て良いですよ

レントゲン写真を撮影するタイミングは、小学生なる前後が良いかな

このタイミングで解ると歯があるないでやれることがありますので

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2018年05月30日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

昨日は一日休診にさせてもらって大掃除をしました

 

以前は自分達で行っていたのですが、現在最小限の人員で診療に取り組んでいますので

大掃除は千葉県香取市にあるプロスタイルという掃除のプロ集団にお願いしました

 

プロがするのとアマチュアの違いは出てきます

使っている器材、材料、テクニックの全てが違います

 

もりや歯科も丸17年経ちます

17年経ってもキレイな状態を保てています(自己満足かな?)

IMG_8523

 

それは日々の掃除と定期的な大掃除をしていたからです

 

僕らの身体も同じです

特にお口の中は日々の歯ブラシと定期検診で良い状態を保つことができます

 

毎日歯ブラシをしているに・・・

定期検診に行っているのに・・・

 

と思っている方は中身を入れ替えるだけで結果は変化します

定期検診のことならもりや歯科までお問い合わせ下さい

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2018年05月28日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

歯周病が悪化してる方から「治りますか」と聴かれます

答えは簡単です

【必ず治ります】

 

ただ、この治った状態が、皆さんと考えている状態を違う可能性があります

 

歯周病は進行すると、歯を支えている骨をダメに(なくして)してしまいます

このなくなってしまった骨を戻すことはほぼできません(条件によってはある程度できます)

この状態で治ると、歯が長く見えたり・歯ぐきの位置が変化したりします

場合によっては抜かないといけない歯もあります

 

ですが、これが歯周病が治るという状態

しかも、歯医者に言っていれば治るという病気でもありません

歯医者の徹底した治療と患者さん自身の徹底したお手入れが必須!!

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2018年05月26日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

親知らずの難しい判定(勝手に決めちゃいました)

レベル1,誰でも抜ける歯

レベル2,少し練習したら抜ける歯

レベル3,しっかりとした知識と練習したら抜ける歯

レベル4,熟練しないと抜けない歯 レベル

レベル5,超難しい歯

僕自身の考えですがレベル4まではもりや歯科で対応できるようにしたいって想っています

レベル5は、全身状態やお口の開けられる量が少ない場合を想定しています

 

20代女性、左下の親知らずを抜くケース

今回のレベル判定は4.5

無題 (1)

お口を開けられる量が少なめ

根の先と神経までの距離がほとんどない

根っこが2本に分かれていて、OKサインのように骨をつかんでいる

 

これらがレベル判定を高めた理由

患者さんにも危険度をお話したところ、もりや歯科での抜歯を希望したので抜くことにしました

 

抜くことはできましたが、抜いた後に腫れてしまいました

まだまだ未熟ですね

 

このようなケースでも抜くことはできますが、難易度が高まれば高まるほど痛みもでやすいですし、腫れやすいです

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ1

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/01/post_1374.html

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ2

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/01/post_1423.html

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ3

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/02/post_1482.html

こんな親知らずでも治療できます。番外編

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/03/post_1529.html

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ4

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/04/post_1580.html

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ5

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2018年05月24日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

園医をさせてもらっている

坂戸あずま幼稚園で歯科検診をしてきました

3歳から5歳までの約270名の大規模な幼稚園

 

泣いてしまう子は数名で、みんな上手に診せてくれた大助かり

IMG_8475

 

お口の中は、9割のこどもはむし歯無し

残りの1割はランパントカリエスと言われるほぼ全ての乳歯がむし歯の子供たち

この格差はどこから生じているのでしょうかね

予想ですが親の関心度の差でしょう

 

もう一つ気になるのは、口呼吸の子供たちが多い!!

その為、歯列不正になり始めています

こっちの方が気になりますね〜〜

どうにかして手を打たないと

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2018年05月15日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

ムシ歯が多い、少ないは治療した本数である程度は把握出来ますよね

では、むし歯になりやすいかどうかはどうでしょうか?

 

目安ですが、子供の歯で1年間に2本、大人の歯で1年間で1本、新しくむし歯になったらむし歯になりやすい可能性大

詰め物や被せ物がとれたり、詰め物や被せ物の脇からむし歯になることはカウント無しで数えてください

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

1 / 47

次のページ


Categories

Archives

Entries

comments

    Powered by
    本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
    もりや歯科 院長 森谷良行

    もりや歯科
    院長 森谷良行
    医院サイト

    入れ歯で美味しく食事が出来、家族関係が良くなるようにしたい。歯を無くしてしまった事で、たくさんの辛い事、大変だった事をご経験した方に、楽しい食事が出来る喜びを届けたい。また、同じような悩みを持っている方や、まだむし歯になっていない方へ伝えていく事で、『歯のありがたみ』をみんなで共有出来る場所や環境を作る事を目指していきます。

    〒350-0275
    埼玉県坂戸市伊豆の山町4-57
    東武東上線「北坂戸駅」徒歩10分