2018年01月 1234567 891011121314 15161718192021 22232425262728 293031        
2018年01月13日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

インフルエンザが流行ってきています

 

ありきたりかもしれませんが、手洗いうがいをするだけでも違いがあります

今まで以上に回数を増やしてみましょう

 

僕自身も去年の3月にインフルエンザになってしまったので、今年はかからないように体調に気をつけます

インフルエンザ

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2018年01月09日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

日々、入れ歯治療をさせて頂いているのですが

 

痛い

入れていられない

・・・

 

と言う患者さんと向かいながら治療をして

少しでも早く改善できるように頑張っているつもりです

 

頑張っているつもりでも

すぐに成果が出ないこともあります

 

それでも頑張って治療に参加して頂いている患者さんは必ず良くなっています

必ずです

 

だけど、患者さんにしてみたら「痛い」「辛いし」「大変だし」・・・

それでも一緒に頑張っていくことで必ず良くなると確信しています

 

 

なので、僕は歯科医師になって21年たちましたが

『これで諦めよう』と言ったことは一度もありません

ただの一度もです

 

1つだけお願いしたいことがあります

前向きに考えている人ほど治療が良い方向に公転しています

 

「痛くて食べられなかった」という人より「痛かったけど、前の入れ歯よりここが良かった」という人の方が数段治療が早く進みます

いわゆるネガティブな人より、ポジティブの人の方が自分の身体の反応が良いようです

これは科学的な根拠はないでしょうが、自分の周りにいるポジティブな人であの人運が良いよね

って言うようなことが起きちゃうんです

 

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2018年01月05日

本日、1月5日(金)から診療をしています

年明け最初の診療日なので混み合うことが予想されます
通院を考えている方は電話連絡をして頂けると助かります

お待たせしてしまうかもしれませんがご了承下さい

もりや歯科 院長 森谷良行

2017年12月30日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

本日12月30日(土)の午前中で年内最後の診療になります

 

本年もたくさんの方々に支えて頂いて診療を続けることができました

本当にありがとうございます

 

年明けは1月5日(金)から診療を始めます

来年も宜しくお願いします

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2017年12月25日

こんにちは、もりや歯科 院長の森谷です。

ただいま、歯科衛生士、歯科技工士、受付などなど2名のスタッフを募集しています

 

来春学校を卒業する方もOKです

 

一度、もりや歯科を見学しに来て下さい。

求人広告だけでは、伝わりづらいところを体感して下さい。

 

どんな歯科医院なのか?
どんな院長なのか?
どんなスタッフが働いているのか?
解らないですよね。

 

ですから一度、見学して頂きたいと思います。

 

その上で働きたいと思えば、後日改めて面接をさせて頂きます。

見学をして自分に合わないと思えば無理に面接をしなくてもかまいません。

 

人、職場には相性があると思います。

 

どちらが悪いと言うものでも無いと思います。

その辺は遠慮せずに決めて頂きたいと思っています。

2017年12月19日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

もうすぐ12月31日になりますので、そろそろ準備を始めておいて下さい

今年1年間で医療機関にかかったな〜〜って方は一度考えてみてください

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に所得税の一部が戻ってきます。
本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。
ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。(申告額は200万円が限度です)所得金額合計が200万円までの方は所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

医療費控除は、申請すると意外に戻ってくる制度です

超簡単に考えたら
20万円の医療費がかかっても約2万円還ってきます
一割戻って来ます

あなたなら申請をしますか?
それほど大変な申請では無いので上手に使ってみましょう

詳しくはもりや歯科HPにも掲載しています
http://www.moriyashika.com/0575deduction/

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2017年12月16日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

もう12月も中旬ですね

今年も残すところ16日となりました

 

もりや歯科の年末年始の休診日は

12月30日(土)午後から1月4日(木)まで

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2017年12月13日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

新型タバコ(非加熱式タバコ・電子タバコ)と従来型タバコ(加熱式タバコ)の見解を日本呼吸器学会がホームページ上に掲載をしました

 

僕自身の解釈になりますが、解っていないことが多いので何とも言えない状況

安全とも危険とも言えません

僕のカンですがメーカーが言っているほど有害物質を少なく出来ていないのでは???

 

もりや歯科に通院している患者さんで電子タバコに変更した方々の歯への着色はほぼなくなっています

良いとも言えますが、そこまでするならやめちゃえば!!って言うのが本音

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

以下転写

世界保健機構(WHO)によれば、世界では年間700万人がタバコ類の使用により命を落としている。また、禁煙の早期実施により肺がんの発生が少なくなることも明らかになり、タバコを巡る規制は世界的に強まっている。そのような中、電子タバコや非燃焼加熱式タバコ(Heat–Not-Burn、以下HNB)」といった“新型タバコ”の市場が拡大している。

世界における新型タバコの状況

 横浜で行われた世界肺癌学会(WCLC)では、米国・Human Rights and Tobacco Control NetworkのCarolyn M Dresler氏が「Current Status of Smoking Cessation」と題し、新型タバコを取り巻く世界の状況を紹介した。

 電子タバコは、ニコチンを含むENDS(Electronic Nicotine Delivery Systems)とニコチンを含まないENNDS(Electronic Non-Nicotine Delivery Systems)に分かれる。電子タバコの規制については、国際的にもいまだに統一されていない。オーストラリア、シンガポール、カナダでは禁止されている一方、英国では従来型タバコからの切り替えを目的として使用を推奨している。日本では、ニコチンを含まないものに限り認められている。

 HNBはその名の通り、タバコ葉を燃焼温度以下に加熱し(あるいは加熱発生させたエアロゾルをニコチン粉末に通過させて)、ニコチンを含むエアロゾルを肺内に送達するもの。フィリップ モリス インターナショナル(PMI)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)、JT(日本たばこ)インターナショナル(JTI)など世界の大手タバコ企業が競って、製品の開発と普及に力を注ぐ。PMIのアイコス、BATのiFuse(本邦ではグロー)、JTIのプルーム・テックがあり、いずれの製品も非常に好調な販売状況である。本邦においてもその好調ぶりは同様で、アイコスは2015年11月のオンライン上での発売開始から、2017年5月現在、市場シェアの8.8%を占めるまでに拡大しているという。PMIのCEO:Andre Calantzopoulos氏はNikkei Asian Reviewで「販売数から推定すると、論理的には5年間で転換点に達する。そこが、現状の燃焼系タバコの段階的廃止を政府と話し合う時期になるだろう」と述べている。

 新型タバコの健康への影響はどうか。これについては、「議論の余地が残るところであり、さまざまなシステマティックレビューが発表されている」とDresler氏は述べた。同氏が紹介した米国国立がん研究所(NCI)による電子タバコ使用者の尿中の分析では、PHA、NNK、アクロレインといった有害物質は従来のタバコに比べ著明に減少している。しかし、ニコチンについては従来型タバコと差異がなかった。HNBについては、製造企業であるPMIによるアイコス使用5日および90日の有害物質の曝露結果が紹介された。その研究では、カーボンモノオキサイド、アクロレイン、ベンゼンなどの有害物質は禁煙者と同等の減少を示すという結果を公表している。

 また、ニコチンを含む新型タバコが、喫煙者の喫煙行動に影響を与えるのか。この問題も議論の余地が残るところであるが、Dresler氏が紹介した2014~15年の全米タバコ調査(Current Population Survey-Tobacco Use Supplement:CPS-TUS)における、電子タバコ使用者と禁煙者の比較分析では、電子タバコ使用者と非使用者の3ヵ月時点での禁煙成功率は、電子タバコ使用者では8.2%、非使用者では4.8%と、電子タバコ使用者のほうが高い結果を示した。

新型タバコの普及を憂慮する意見も多数

 このような新型タバコの役割に期待する考えと共に、憂慮する意見も数多くある。日本呼吸器学会は新型タバコの国民の健康に対する影響や社会的影響について、「非燃焼・加熱式タバコや電子タバコに関する日本呼吸器学会の見解」を公式ホームページに掲載した。その内容は以下のとおり。

 従来のタバコの代替品として新型タバコを推奨する考え方があるが、新型タバコの使用と病気や死亡リスクとの関連性については現時点では明らかでなく、科学的証拠が得られるまでには、かなりの時間を要し、「現時点では推測にすぎない」。新型タバコは、煙が出ない、あるいは煙が見えにくいとされているが、特殊なレーザー光を照射すると大量の“見えにくいエアロゾル”を呼出している。この呼出煙中には燃焼タバコと同レベルのニコチンや数倍の有害物質が含まれているとの報告があり、「新型タバコの使用は健康に悪影響がもたらされる可能性がある」としている。また、新型タバコの受動喫煙については、健康リスクの科学的証拠を得るには時間がかかるが、「使用者の呼出したエアロゾルが周囲に拡散するため受動喫煙による健康被害が生じる可能性がある」。「従来の燃焼式タバコと同様に、公共の場所、公共交通機関での使用は認められない」との見解を示した。

 日本対がん協会の望月友美子氏も、新型タバコの広がりに懸念を示す。同じく世界肺癌学会(WCLC)のプレスセミナーにて以下のように述べた。

 日本では近年、HNB製品が急速に広がりを示している。日本には多くの禁煙クリニックがあるが、アクセスが限定されており費用も高い。新型タバコ使用者は、禁煙クリニックに行く代わりに、コンビニエンスストアで簡単に手に入るHNB製品を購入することができる。これが禁煙活動の拡大を妨げてしまう可能性が懸念されるという。望月氏はまた、新型タバコの公共喫煙規制に対する問題点にも触れた。本邦で検討している受動喫煙防止法の議論の中に、新型タバコは含まれていない。東京都で定めた18歳未満の子どもの受動喫煙防止を求める「子どもを受動喫煙から守る条例」では、HNBも規制対象にしているが、全国で一定の基準はなく、地域により対応はさまざまである。この点についても、「後戻りができなくなる前に、新型タバコの取り扱いに対する厳格な規定を作る必要がある」と望月氏は述べた。

2017年12月10日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

親知らずの難しい判定(勝手に決めちゃいました)

 

レベル1,誰でも抜ける歯

レベル2,少し練習したら抜ける歯

レベル3,しっかりとした知識と練習したら抜ける歯

レベル4,熟練しないと抜けない歯 レベル

レベル5,超難しい歯

 

僕自身の考えですがレベル4まではもりや歯科で対応できるようにしたいって想っています

レベル5は、全身状態やお口の開けられる量が少ない場合を想定しています

 

20代男性の右下の親知らずのケース

レベル判定は3.5

20160525難抜歯⑤-1

顎の骨もしっかりしているし

下顎管(神経などが入っている下の顎の地下道)との距離も十分だし

何より、浅い位置に親知らずがある

 

当日までに何度も頭の中でイメージを固めてから抜歯をしています

 

当日はすんなり抜けて、翌日も痛みも腫れもなく良かった〜

20160525難抜歯⑤-2

今回はイメージ通りに抜けたって感じ

 

他のケースもブログにて公開中

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ1

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/01/post_1374.html

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ2

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/01/post_1423.html

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ3

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/02/post_1482.html

こんな親知らずでも治療できます。番外編

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/03/post_1529.html

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ4

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/04/post_1580.html

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ5

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

2017年12月07日

おはようございます

『良好な歯で家族や知人と一緒に、楽しく笑顔で美味しく食事をする』
そんな当たり前のことを目指している

もりや歯科 院長の森谷です

こんな親知らずでも治療できます。

今回は抜くのでは無く、残した方が良いケースです

20160420非抜歯ケース

左下8番他の残っているメリット
 
左下の奥歯を1本、すでに抜いているケース
こんな場合は親知らずが良い状態である事がメリットになります
今回は反対の上下にも親知らずが残っているので、場合によっては抜いて歯がない部位に移植することも考えることが出来ます
 
親知らず=抜く
 
と言う図式では無く、今後の利点欠点を踏まえて将来設計をすることが大事
 
歯がなくなればなくなるほど大がかりな治療になってきます
できるだけ歯を保存すると同時にもし万一に備えることができたらベスト
 
ぶっちゃけですが『日本は自分の歯に関心がなさ過ぎる』
 
ムシ歯になりたくない
歯周病になりたくない
痛くなりたくない 
 
って思っているわりには行動で示せていない人が多い
いろいろな事情があるのは解りますが自分の二つとない身体に起きている事です
 
仕事が・・・
〇〇が・・・
 
ではなく
今を大事にして下さい

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ1

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/01/post_1374.html

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ2

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/01/post_1423.html

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ3

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/02/post_1482.html

こんな親知らずでも治療できます。番外編

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/03/post_1529.html

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ4

http://www.moriyashika.com/diaryblog/2016/04/post_1580.html

こんな親知らずでも治療できます。シリーズ5

もりや歯科ホームページ
http://www.moriyashika.com

もりや歯科のスタッフブログ
http://ameblo.jp/moriyashika/

1 / 45

次のページ


Categories

Archives

Entries

comments

    Powered by
    本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
    もりや歯科 院長 森谷良行

    もりや歯科
    院長 森谷良行
    医院サイト

    入れ歯で美味しく食事が出来、家族関係が良くなるようにしたい。歯を無くしてしまった事で、たくさんの辛い事、大変だった事をご経験した方に、楽しい食事が出来る喜びを届けたい。また、同じような悩みを持っている方や、まだむし歯になっていない方へ伝えていく事で、『歯のありがたみ』をみんなで共有出来る場所や環境を作る事を目指していきます。

    〒350-0275
    埼玉県坂戸市伊豆の山町4-57
    東武東上線「北坂戸駅」徒歩10分